Entry

ニュースフィード(β版)の開始と将来構想

2019-06-02

author:

ニュースフィード(β版)の開始と将来構想

ここ数ヶ月ずっとニュースフィードを入れたいと考えていて、今回ようやく良さげな方法を考えついたので、導入を開始しました。

なお、現在はWeb版のみリリースしており、アプリは来週以降導入していきます。

機能紹介

TOP

こちら最新のWeb版で、UIも少し変えました。残念ながら変更前のスクショを取り忘れてしまったので、比較できなくてごめんなさい。

向かって左側が今まで通りユーザーのピック一覧、右側がニュースフィードになります。(スライダーの説明はまた今度)

タイトルとニュースの出典先を明記しています。なお、毎時間ごとに最新を取得するスケジュールにしてますが「もっと早く」などあれば時間は見直したいです。

そして、肝心のフィード先ですが現在は5つだけに絞っています。なぜ5つなのかはこの後、将来構想で書いていきます。

ニュース詳細

ニュースをクリックした後ですが、いままでの記事詳細に飛ぶようになっています。(Topと同様、少しUIアップデートしていますが)

というのも、Botが代わりにピックするという作りにしているので、同じ画面にたどりつきます。

ですので、Botのアカウント画面にいくと過去のニュース記事の一覧を見ることができます。

フォロー&マイニュース

また、フォローすることもできるので

マイニュースに特定のBotの記事だけを表示させることもできます。

将来構想

ここまでが今回リリースした内容になります。機能的にはまだβ版で、将来に向けた実現構想だけここで少し触れておきます。

フィードはユーザーが自由に選択できるようにする

これがフィードを5つに絞った理由ですが、最終的にユーザーに好きなフィードを選んで欲しいと思っています。

なんでかというと、僕らのターゲットはエンジニアですが一口に言っても裾野がスゴく広く情報ジャンルがバラバラです。また、ニュースサイトも見れば個人ブログも結構見られます。

だから、インフラエンジニアにWeb系の情報を沢山配信しても嬉しくないですし、個々が欲しい情報にカスタマイズできる方法で提供していきたいと思っています。

記事(またはフィード)をレコメンドする

ニュースフィードを通じてパーソナライズされた情報を届けることを目標に置いてますので、記事をレコメンドすることは考えています。

ただ実現手段は色々あり検討段階ですので、今回は「想定している」だけに留めておきます。

まとめ

  • Web版に「ニュースフィード」を導入しました
  • アプリ版は来週以降導入します
  • 【将来構想】ユーザーがニュースフィードをカスタマイズできる
  • 【将来構想】記事(またはフィード)をレコメンドする

それでは、今後もAnyPicksをよろしくお願いします!