Entry Product

WordPressのアイキャッチを自動的に作成できる「Placid for WordPress」

2019-05-29

author:

WordPressのアイキャッチを自動的に作成できる「Placid for WordPress」

ブログを頻繁に書く人にとって、アイキャッチ画像を準備する苦労は身に染みています。Canvaを使ってる方も多いと思いますが「それすら面倒」と思ってしまう。そこで紹介したいのがアイキャッチを自動的に作成できる「Placid for WordPress」です。

◆ WordPressのアイキャッチを自動的に作成できる「Placid for WordPress」
https://placid.app/wordpress

紹介

Facebook、Twitter、Pinterestの画像を自動的に作ってくれるようです。

SNSでの視覚的な効果は一目瞭然です。

セットアップ

プロフィールを登録します。

登録が完了したら7日間のトライアルで進めます。

トップページはこんな感じ。まずは「Get Trial Key」に進みます。

ここで認証に必要なキーを取得し、プラグインもダウンロードしておきます。以後はWordpress側の作業になります。

「プラグイン」> 「新規追加」からダウンロードしたプラグインをアップロードします。

最後にSetupのタブに進み、プロフィール登録時に取得した認証キーをセットします。

以上でセットアップ完了です。

テンプレートを作る

まずはアイキャッチで使うテンプレートを作成します。と言ってもイチから作る必要はなく、すでにあるテンプレートを加工します。

使いたいテンプレートを選択します。

こちらがテンプレートを編集する画面です。

今回は、試しにURLをAnyPicksに変えてみます。変更したらSaveをしてテンプレート編集を完了します。

投稿する

それでは実際にアイキャッチを表示する投稿を作っていきます。

画面下部にある「Placid Social Images」で先程編集したテンプレートを使います。

プレビューを確認するとURLがAnyPicksになったアイキャッチを確認できます。

こちらが実際に出来上がったアイキャッチ画像です。タイトルなどもタイトルや好きな文字を入れられるので非常に便利です。

そして気になるお値段ですが、一括購入で$79(8,658円)とかなり強気価格。

まとめ

長所:
エンジニアにとって画像を作るのは、結構辛い作業なので、決められたテンプレートを活用できるのは良いです。

短所:
頻繁にWordpressで投稿する方以外は、ちょっと手が出しづらいお値段。

とはいえ、7日間トライアルできるので気になった方は使ってみてください。

◆ WordPressのアイキャッチを自動的に作成できる「Placid for WordPress」
https://placid.app/wordpress